低年式ハイエースを売却するなら

低年式でもハイエースには大いなる価値があります。

そしてその価値を見出してくれているのは日本国外の多数の国にあります。
なんといってもハイエースは頑丈です。
そしてハイエースを構成している部品は汎用性が高く使いまわしが効くというメリットもあります。そんなわけでハイエースは非常に愛されている車なのです。

ですから売却先は輸出に強い業者が良い!と思います。

ハイエース100系は海外へ

私のハイエース100系(7年落ち18万キロ走行)もどこかの国へ旅立ちました。
ディーラー下取り価格は41万円と提示されましたが
一括見積サイトなどを駆使して55万円で引き取られました。
しかも当時は1ドル/80円と最も円高が進んでいたころの話です。

輸出はドル建てで行われるため
仮に1000ドルで売れたとしても円に換算すると
100円の現在であれば10万円
80円であれば8万円と大きく違いが出てきます。

そんなわけなので低年式のハイエース100系は是非輸出が得意な業者に
フォーカスしていただきたいと思います。

あなたの愛したハイエースに最も高値を付けてくれる業者の見つけ方は
こちらの記事を参考にしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TCD009

WordPressテーマ「Dynamic (TCD009)」
ページ上部へ戻る