ハイエース購入のための資金を借りるなら

ハイエース購入のための資金を借りるなら

ソーシャルファイナンス?それより黙って公庫をカモれ
ちょっと過激なタイトルの記事が目に止まった。
過激な記事タイトルに記事内容は乱暴な口調で書かれているが実に的を射た話だ。
まだ融資を受けたことが無い人には大変参考になる記事です。
 

ソーシャルファイナンス?それより黙って公庫をカモれ
http://fiftyplus.jp/public-finance/

中小企業向け融資制度のご案内
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/syoukou/shosei/yushi/yushitop.htm

中小企業向け融資制度のご案内は、私が見た中で最も見やすいページでした。
参考になれば幸いです。

 
私はまさしく記事に書かれている人物像に当てはまる。

つまりこうした制度のプログラムを知らなかったし、
知ろうともしない。
役所に頼るのはカッコ悪いし、
金とか借りるのおっかないし、
手続きも面倒そうだし
 
そして知った後でも気おくれしていたのだ。
本当に自分が融資を受けられるのだろうかという不安。
断られたらかっこ悪いな…。
MP900443190
金融機関って独特の雰囲気がある
カウンターの向こうとこっちは別世界なんじゃないかって思うほど。
お金持ちになればそんな風には感じないのだろうが、
ガテン系で作業着を着ている時間が長い私にとっては
とても敷居が高かった。
 
そして気おくれした原因は確定申告の甘さにもある。
 
融資を受けるにはクリアしなければならない関門がある。
直近の確定申告を2~3年分を提出しなければならない。
また住宅ローンなどの滞納が無くても、
支払いが月をまたいでいることなども許されないものもある。
 
リフォームの資金150万円の融資を取り付けるときに一度失敗したのだが
その原因が月をまたいでいる支払いが過去一年をさかのぼって3件くらい出てきたのだ。
これは完全に女房の責任なのだがどうしようもない。
 
金融機関は支払いがルーズなものにはお金を貸してはくれません。
 
金融機関(JA)はお金を貸すことが仕事なので、
この問題をクリアした段階で融資実行してくれました。
 
なぜJAなのか?
実は行きつけのガソリンスタンドではなぜか玄米の状態でお米を販売しているのだ。
スーパーで買うより安いので購入し精米して食べていたのだが(最近は玄米のまま食す)
とある精米所の貼り紙に玄米の価格が掲載されていた。
 
安い!
 
どこで販売してるんだ?
まさかそこのJA銀行?
 
確認することにした。
自動ドアが開くとそこはやはり銀行、例の独特な空間だ。
 
作業着でいることが場違いに感じる。
 
「あのー、ここってお米売ってるんですか?」
 
「はい、ございます。」
 
「おお!じゃ今度買に来ます。」
 
そしてお米を何度か買ううちにカウンターの上にある融資情報が目に止まり、
チラシを持ち帰ったのが始まりです。
(リフォーム資金)
 
ハイエース購入資金はメインバンクです。
メインバンクっていうとなんだか大げさですが、
要するに得意先から振り込んでもらっている銀行です。
 
ホームページを検索すれば必ず融資情報があります。
銀行はお金を貸すことが仕事だからです。
 
是非、安い金利でハイエースを購入してください。

  

スポンサードリンク

愛車を売るなら   【中古車】SBTサーチ
中古車を探すなら  なびくる+

【なびくる+中古車お探しサービスとは】
 ほしい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけ!
 年間60万台の車両情報から車探しのプロが、おすすめの車をお探しする無料サービスです。

   

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

TCD009

WordPressテーマ「Dynamic (TCD009)」
ページ上部へ戻る